Openoffice

レンタルオフィスに関するお問い合わせ TEL: 0120-974-713 / 受付時間: 平日 8:30〜18:00

会員限定会議室予約


オープンオフィスとは?

  1. ■成功するにはワケがある
  2. ■初期費用と軍資金
  3. ■入会制度って?
  4. ■なぜ「無人運営」なのか?
  5. ■一坪オフィス実験
  6. ■立地・デザインについて
  7. ■共益費って?
  8. ■何も買う必要がない!
  9. ■オープンオフィスで過ごす「あなたの一日」
  10. ■成功するにはワケがある2

一坪オフィス実験

一人当たり、「どれくらいの広さ」があればいいんだろう?
不動産のド素人だった私たちは、とても本質的な自問をしました。

そして様々な人体実験を(社長を使って?^.^)行い、ある結論に至りました。

「一人当たり、一坪あれば充分。」

起業時、手持ちの資金はとても重要です。

その資金はコツコツ貯めたお金であったり、両親や友人から借りたお金であったり、
銀行から借りたお金であったりします。起業時に潤沢に資金を持っている人などほとんどいないでしょう。

だから、創業資金はとても大切なお金です。

それに比べて、オフィスの広さがどれくらい重要でしょうか?

実際、自分のデスクスペースだけということであれば、一坪で充分です。

ちょっと考えてみてください。
独立する前に勤めていた会社から与えられたワークスペースはどれくらいだったでしょうか?
机一つと椅子一つ、オフィスはそれらのセットが島型に規則的に並べられていたのではないでしょうか?

手を伸ばせば届く範囲に隣人がいた、それ位のスペースだったハズです。
一人で仕事をするなら、そのスペースで「十分」です。

私もお客様におススメする商品ですから、必要十分な広さを検証する為に、自らが実験体となりました。

3年間、1.8m×1.8m(一坪) の部屋で仕事をしましたが、この大きさで充分でした。
全く支障はありませんでした。

実際、大きな会社でも一人一人に与えられているデスクスペースはこれ位です。

オープンオフィスでは、単にワークスペースをお貸ししているのではありません。
「お客様を迎えるエントランス」や「商談室」、「コピー機」や「プリンター」のある場所は、
しっかりと別に確保されているのです。

トイレや会議室やコピールームなどは、自分の部屋以外の場所に完備されています。
ですから、お部屋は純粋にデスクスペースとしてだけで使えます。

ワンルームマンションや通常の賃貸オフィスではこうはいきません。

トイレや共用部(ワンルームでは使いもしないお風呂の面積にも)などのデスクスペースではない部分の
利用料も支払わなければなりません。
それはムダとしか思えません。

だから、ワークスペースだけだと一坪で十分なのです。

オフィスを選ぶ時、確かに広い方が心地はいいです。大は小を兼ねるとも言えるでしょう。

しかし、広ければ、当然、その分コストは高くなります。

起業時や支店の開設時期に、はたして広いスペースが必要でしょうか?
ホームオフィスから移転する時に、はたして広いスペースが必要でしょうか?

私達は、何が起こるか分からない起業時においては、特に、スペースの広さよりも資金を
大切にして欲しいと考えています。

オープンオフィスは一坪だけのオフィスがあるわけではありません。
色々な大きさのお部屋を用意しています。

しかし、、皆さんが「広いスペース」か「狭いスペース」かで悩んでいたら、ケースバイケースではありますが、
大抵は【狭いスペース】のほうをおススメします。

それには、上記のような理由があるからです。

私達にとっては、広いスペースをおススメした方が高い商品を買って頂くことになるので良いのです。
しかし、それでは起業時に正しい選択をお教えしたことにはなりません。

私たちは「起業家の成功」が「私達の成功」と考えています。

ですから、必要の無い資金はなるべく使わないでとにかく売上を安定させる事に少しでも資金を
使って頂きたいと考えています。

だから必要最小限のお部屋を優先的におススメしますし、必要最小限のお部屋をこれからもつくっていきます。

オープンオフィスは通常のオフィスと違い、移転も自由に出来ますから、
余裕が出てきたら広いスペースに移ればいいんです。

そういうやり方の方がずっとリスクがありません。

だから、成功する可能性が高くなるのです。

小さく始めて、大きく伸ばす。
これがビジネスの鉄則です。

だから、オフィスの広さにあまりこだわらない方が成功すると私達は考えています。